*

NatureFarming > 堀 政則Report

生産者が語る自然農法
堀 政則Report


チャレンジ |  自然のはたらき |  農法の比較 |  自然界の摂理・作物の生理 |  本質を考える |  土を尊び、愛し、汚さない


自然のはたらき

私が、自然農法をさせていただいて一番感じることは、
「自然」という言葉の持つ意味、
そしてその力です。

 人によっては、沢を切り開いて、稲以外の植物を排除し、集約的な栽培をすること、いわゆる農業行為そのものが、反自然だという方もいます。がそれは違うと思います。

 しかし、田んぼに、農薬を、化学肥料を、有機肥料を、作物の残渣でさえも人為的に投入することは、ゆるされない。土を汚さないことによってはじめて、稲の生長生理にあわせ、土は必要なものを、必要なだけ、必要な時間をかけて、稲を育てます。

 それは、雨による、窒素分の還元や、微生物の働き、用水からのミネラルの補給だけではない、プラス未知のエネルギーによって育てます。

 しかし、人為的に何かを投入すると、この自然の摂理は、自然の仕組みは、止まってしまうのです。


チャレンジ |  自然のはたらき |  農法の比較 |  自然界の摂理・作物の生理 |  本質を考える |  土を尊び、愛し、汚さない


Copyright:TOREK