*

NatureFarming > 堀 政則Report

生産者が語る自然農法
堀 政則Report


チャレンジ |  自然のはたらき |  農法の比較 |  自然界の摂理・作物の生理 |  本質を考える |  土を尊び、愛し、汚さない


自然界の摂理・作物の生理

*  このように無施肥無農薬栽培では、自然界の摂理にあっていると同時にそれが、稲の生長生理にも最もあっているのです。だから、このようにして栽培された作物は、本来の味や、香りがあり、また、エネルギーを持っているのです。だから具合が悪く食べ物を受け付けないような状態の方でも、体におさまるのです。

 ここまでくると、お分かりになると思いますが、単に農薬の薬毒とか、肥料の肥毒の問題だけではなく、それらを投入するということ自体が、自然の摂理や、稲の生理を無視し、自然の恩恵を拒否することになるのです。

 人為肥料で育てられる稲を見ていると、小さいときから無理やり太らされたり、咲きたくないのに花を咲かされたり、ほしい時には栄養をもらえなかったりと、見ていて可哀想になります。稲に対する虐待です。土は本来の作物を育てる力を発揮できなくなり。稲も自分の思うように生長できなくなる。この稲から作られたお米には、本来の力がないのです。ここに、物質を投入する農法の問題点があると思います。


チャレンジ |  自然のはたらき |  農法の比較 |  自然界の摂理・作物の生理 |  本質を考える |  土を尊び、愛し、汚さない


Copyright:TOREK